この記事では、MacのFireVaultについて解説します。

システム設定の「プライバシーとセキュリティ」で設定可能

結論

「プライバシーとセキュリティ」→「FireVault」でFireVaultの設定を変更できます。

【FireVaultとは?】

Mac内のデータを暗号化し、保護してくれる機能です。

FileVaultを有効にしておくことで、Mac内に保存されている情報はログインパスワードを入力しないと読み込めなくなります。

FireVaultについて解説

以下に、FireVaultの概要と設定方法を紹介します。

1.FireVaultとは?

MacのSSDやハードディスクなどに保存されているデータを暗号化し、保護してくれるセキュリティ機能です。

メリット

FileVaultを有効(オン)にしておくことで、Mac上に保存されている情報はログインパスワードを入力しないと読み込めなくなります。

Macを紛失した際など、そのMac内のデータに第三者がアクセスしたりデータをコピーできないよう保護してくれます。

デメリット

主なデメリットは以下の2点です。

  1. Macにログインする度にパスワードが必要になる
  2. パスワードを紛失するとデータにアクセスできなくなる

パスワードの紛失については、後述する「iCloudアカウントによるディスクのロック解除を許可」を設定しておくことで、iCloudアカウントによるパスワードのリセットで対応できます。

2.FireVaultの設定を変更する方法

↓「プライバシーとセキュリティ」をクリック→FireVaultの設定状況を確認します。


FireVaultをオンにする場合

↓「オンにする…」をクリックします。


FireVaultをオンにする場合、パスワードを忘れたときのパスワードのリセット方法を設定する必要があります。

↓「iCloudアカウントによるディスクのロック解除を許可」を選択→「続ける」をクリックします。


「復旧キーを作成して、iCloudアカウントは使用しない」を選択した場合は、復旧キーを忘れないように注意しましょう

 

↓「暗号化が完了しました」と表示されたらFireVaultの設定が完了です。


FireVaultをオフにする場合

↓「オフにする…」をクリックします。


↓パスワードを入力→「ロックを解除」をクリックします。


↓確認画面が表示されるので、「暗号化をオフにする」をクリックします。


最新情報をチェックしよう!