Google Adsenseの上に「スポンサーリンク」等を表示させる超簡単な方法!【コピペでOK!】

  • 2018年7月18日
  • 2019年10月14日
  • Blog

この記事では、広告上に「スポンサーリンク」等の表示ができるHTMLを紹介します。コピペで簡単に導入できるので、ぜひ試してみてください。

「スポンサーリンク」の表示とは?

Google Adsense(アドセンス)の広告上に「スポンサーリンク」、「スポンサードリンク」、「広告」などの表示(広告のラベル表示)をさせているのを見たことがあると思います。

現在Googleでは、ラベル表示を明記するように指示していません。しかし、誤クリックを誘うようなアドセンスの表示(リンクをあえて踏ますような配置や言葉による誘導など)を規約違反として厳しく取り締まっています。

そのようなアドセンス配置に故意にした訳でなくても、Googleが「これは違反です!」と認識すればアウトです。

そこで多くのブロガーやメディアは、アドセンスの上に「スポンサーリンク」等と表示することで、「ここにアドセンスを貼っていることを明記しているよ。」と自らアピールし、規約違反にならないようにしているのです。

「スポンサーリンク」と表示させるHTML

アドセンス広告の上部に、「スポンサーリンク」と表示させるHTMLを紹介します。

一応HTML初心者の方にもコードが理解できるように、段階的にサンプルを紹介しようと思います。手っ取り早くやり方を知りたい場合は、下記の⑤だけをちょろっと読んでコピペすればOKですよ。

①:シンプルにスポンサーリンクとだけ表示させるHTML

<p>スポンサーリンク</p>

上記HTMLをコピペして、下に自分のアドセンスコードを入れるだけで完了です。「スポンサーリンク」のところの文言を、自分の好みに変更して使ってください。

②:スポンサーリンク表示を画面中央に表示させたいときのHTML

<p style="text-align: center;">スポンサーリンク</p>

こちらを使えば、画面の中央に表示させることができます。

③:アドセンスもまとめて中央揃えにしたいときのHTML

<div style="text-align: center;">スポンサーリンク
<!--ここに自分のアドセンスコードを貼る-->
</div>

アドセンスもスポンサーリンクも、同時に中央揃えで表示したいときに便利です。

このHTML内のコメントアウト()部分を消して、自分のアドセンスコードを入れれば完了です。

④:「スポンサーリンク」表示の大きさを変更させるHTML

スポンサーリンクなどの文言の表示を、好みの大きさに変更したいときに便利なHTMLを紹介します。

<p style="font-size: <!--ここに大きさを記述-->em;">スポンサーリンク</p>

コメントアウトのところに数字を入れて、調整してみてください。とりあえず、0.7あるいは0.75で表示させるのが良さそうです。

⑤:上記で紹介したHTMLをすべて複合させる

<div style="text-align: center;">
<p style="font-size: <!--ここに大きさを記述-->em;">スポンサーリンク
<!--ここに自分のアドセンスコードを貼る-->
</p>
</div>
  • アドセンス上部に「スポンサーリンク」を表示
  • アドセンス、「スポンサーリンク」表示を中央揃え
  • 「スポンサーリンク」表示の大きさ調整

これらを全てまとめて実現できます。メモにコピペして控えるなどして、これから記事を書くときにお役立てください。

いかがだったでしょうか。
コピペで簡単に導入できるので、ぜひ試してみてください。

最新情報をチェックしよう!