今、どれだけ頑張るか【未来の自分に感謝されることをやろう】

今、目標に向かって頑張っている人、これから頑張ろうと思っている人。

自分が習得すべきこと、取り組むべきことをちゃんと把握、実行できていますか。
後回しにしたり、自分にとって簡単なことや楽なことばかり行なっていませんか。

毎日やるべきとは思いませんが、少しでも時間を見つけて夢に向かって前進することはとても意味があります。

少し怠けてしまったなという人は、これからは明日の自分や来年の自分に期待することをそろそろ終わりにしましょう。

「今」目の前の自分に向き合い、ちょっとずつ物事を進めていけば、必ず「やってて良かったな」と思える日が来ます。

未来の自分に感謝されることを想像する

今、辛くてでも頑張ることで、誰が一番喜ぶかというと、それは自分自身です。
逆に、怠けた結果、後悔するのも自分です。

私は、5年、10年先の自分が後悔してないように、努力するようにしています。

仮に、今25歳だとして、5年後が30歳、10年後が35歳です。
まだまだ若いといえる年齢かもしれませんが、その年になった自分を想像して、どれだけのことができるようになっているか考えます。
もし、実績や経験がないままの自分がそこにいたらと考えると、私は少し恐ろしくなります。
タイムマシンは現実には存在しません。もう後戻りすることはできず、過去の自分が怠けたことを後悔することでしょう。

でも、今頑張れば、必ず未来の自分は喜んでくれます。あのときの自分が頑張ったおかげで今があると、実感できるでしょう。

過去に頑張ったことで、誇れることはありますか。
学生時代のこと、新人社会人のときのこと。
仮に、まだなくても大丈夫です。これから作り上げれば良いのです。

時間があることに感謝し、知識を蓄え、アウトプットし、リスクを犯してみて、失敗し、自分の財産にしていきましょう。
私は実行していきます。
みなさんも、ぜひ。

最新情報をチェックしよう!