【Amazon返品】箱無しのときでも、不良品じゃなくても全額返金でした

Amazonで、MacBook Pro用のType-cハブを購入→返品を2回行った際の備忘録です。

以下に状況まとめます。

  • 返品1回目:中華メーカーHUB→使用したところ不良品のため返品(箱無し)→全額返金
  • 返品2回目:中華メーカーHUB→使用したところ自分の機材と合わなかったため返品(箱有り)→全額返金

「不良品だったが箱を捨ててしまっていた」場合でも、「自分の機材と互換性がなかった場合」でも全額返金され、驚きました。

返品するか迷ってる方や、全額返金されるか不安な方の参考になれば幸いです。

返品1回目:不良品のため返品(商品の外装は廃棄済み)

購入品紹介:【Selore(中華メーカー)社製ハブ】

MacBook Pro用のType-cハブで、LAN(イーサネット)ケーブルを挿せるものが欲しかったため、以下を購入してみました。

使用結果:HDMIで不具合あり

Amazonのクーポンなどあって3,000円ほどで購入できました。

超お得と思って使ってみたところ、LANでのインターネット接続や、USB端子に問題はなかったのですが、HDMIでの出力が大問題でした。

HDMIで外部モニターへ接続すると、モニターで信号が検出不可となり、さらにはMacBook本体のディスプレイも真っ暗になってしまいました。

ケーブルやモニターを色々変えても問題は解消できなかったので、やむなく返品することにしました。

※返品の前にMacBook自体の不具合の可能性を考慮し、AppleStore銀座へ持っていきましたが、MacBookは問題なしでした。

返品状態:使用から10日経過&外装は捨ててしまっていた

使用済みであること、外装を捨ててしまっていたことが不安材料でしたが、返品手続きへ。

返品の理由は以下の「商品に不具合または損傷がある」を選択しました。

理由には、事象をそのまま書きました。
外装がないため、とりあえずプチプチで包み、購入時の段ボールに入れて、ヤマトに集荷してもらいました。

結果:全額返金でした

2021/04/24に返品リクエストし、3日後には商品が受領されて返金手続き完了のメールが来ました。

金額を確認すると全額返金となっており、安心しました。

結論→不良品なら外装を捨ててしまっていても全額返金される

返品2回目:自分の機材と互換性がなく(確証無し)返品

購入品紹介:【CHOETECH(中華メーカー)社製ハブ】

なんと、懲りずに安価中華メーカー製を再購入するという学習能力のなさを発揮する筆者であった。。。

購入したのは、前回と価格帯が同じくらいで、機能面もほぼ変わらないハブです。

使用結果:再びHDMI出力に問題あり

今回は、商品到着後、箱を丁寧に開封し、ちゃんと保管することにしました。

何事もなく使用できることを祈りつつ、各端子の接続を試してみました。

LANポート、USBは無事でしたが、前回同様HDMIが調子悪かったです。。。

しかも、今回の場合は外部モニターがチラつくだけで、MacBook本体は問題なく、「出力できているが、信号にノイズが混じる」という感じでした。

ノイズの原因がハブにある可能性もあったのですが、モニターのチラつき自体は自分にとって珍しいことではなく、今までも機材の組み合わせ次第で発生していたので、なんともいえませんでした。

しかし、普段外部モニターを使って画面を拡張したり、クラムシェルモードで作業することが多いので、HDMIの正常出力は譲れませんでした。

減額覚悟で返品することにしました。

返品状態:使用から1週間経過&不具合なし

不具合がない使用済み製品ということで、減額の可能性が高いと思いつつ返品作業です。

返品の理由は以下の「手持ちのアイテムとの互換性がない」を選択しました。

理由には、今回も事象をそのまま書きました。
綺麗に取っておいた外装で包み、適当な段ボールに入れて、ヤマトに集荷してもらいました。

結果:全額返金でした

2021/04/29に返品リクエストし、2日後には商品が受領されて返金手続き完了のメールが来ました。

恐る恐る金額を確認すると、今回も全額返金となっており、驚きました!(Amazonさん本当にすみません。。。)

結論→不具合なくても全額返金される

3度目の正直:無事に動作するハブをGET

購入品紹介:【Satechi(米メーカー)社製ハブ】

中華メーカーで痛い目を見たので、今回は安定のSatechiにしました。

値段的には諭吉ほどで、やはり高かったです。

使用結果:文句なし

神に祈り、Satechiで無理ならもう後がないという状況で、接続チェック。

LAN、USB。。。そして、HDMI。。。オールOKでした!

流石Mac系ガジェットの覇者。

大事に使っていきますね。

まとめ:Amazonは懐が深い

2度も返品する結果となりましたが、いずれも全額返金でした。

しかも、内容的には箱無しだったり、不具合なしだったりと減額でもおかしくない感じでした。

世界一の企業とはいえ、懐が深すぎますね。

補足

Amazonにはブラックリストなるものがあるらしい。。。

「割とゆるく全額返金されるなら、お試し感覚で買っては返品を繰り返すのが良い感じか!?」

↑のように考えるのは要注意で、Amazonのブラックリストへ載ってしまう恐れがあるそうです。

ブラックリストへ載ると、アカウント停止措置になる可能性があるため、注意したいですね。

中華メーカーの質は決して悪くない

最近の中華メーカーは、安かろう悪かろうという時期を脱して、安く高品質になっています。

今回は、たまたま巡り合わせが悪かったのだと思います。

デリケートなものは少し躊躇しますが(バックアップ用のHDDなど)、個人的には今後も中華メーカー製品を購入していきたいと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!